― 精度の高い健診技術 ―
― きめ細かなサービスを提供 ―

  本部・支部概要  MAP  特定健診
  財務    個人情報 
団体名  一般財団法人 全日本労働福祉協会 〒   457-0044
支部名   東海支部 附属診療所   住所  愛知県名古屋市南区柵下町2-4
英記  ALL JAPAN LABOUR WELFARE FOUNDATION п@  052(822)2525〜6・2739

 私たちは プロフェッショナルに徹します

職域の健康診断は、何よりも「正確」かつ、「効率的」に行えることが必要です。当協会は、検診車をはじめ最新鋭の検診機器を整備し、常勤医師・放射線技師・看護師・臨床検査技師などの専門の技術スタッフが長い経験と豊富な実績をもとに効率的な検診を進めています。

健診精度を高水準に維持するため精度管理を確立するほか、厚生労働省の健康診断機関合管理事業に参加しています。

検診車は、短時間に業務に支障なく効率的に実施することができます。
労働者の健康を保持・増進し職業性疾病を予防するには、健康管理・作業環境管理・作業管理の3管理を互いに関連づけながら効果的に行なうことです。
健診結果記録は、データ管理部で「正確な回報」をモットーに管理システムを確立し、的確な健康管理の資料情報を提供いたします。
労働安全衛生法

職場における労働者の安全と健康を確保し、快適な職場環境の形成を促進することを目的とした労働安全衛生法は、昭和47年の施行以来、年々その内容の充実が図られてきました。最近の高齢者社会の進展にともない健康志向に対する関心が一段と高まる中で、平成元年には、健康診断関連規則の大幅な改正があり、健診内容の充実が図られ、また、平成8年及び11年にも健康診断をめぐる関連規則等の改正により、一層充実してまいりました。
職場の健康診断

健康診断は、働く人々の健康が損なわれないように予防する・健康に障害があるかどうかを早めに発見し、早めに治し、回復させる・健康増進をよりよく推し進めることなど、健康管理の一環として行なわれることが本来の目的です。


健康に自身・職場に安心・家庭に安らぎ

              


Copyright(C) 2016zRF nagoya.
All rights reserved.