−健康測定と健康指導で 心とからだの健康を−
THP (Total Health Promotion Plan)
働く人の健康問題は、労働者の高齢化、運動不足、食生活の歪み、ストレスの増加などにより、生活習慣病予備軍が増大するなどの変化に対応する新しいより適切な健康管理対策が必要とされています。
短時間で・低コストで支援
健診車による健康診断のノウハウを駆使し、各種検査機器をはじめ、専門のスタッフを各事業所に派遣。短時間で効率よく健康測定が行えます。



心とからだの健康づくり「THP」は、これまでの健康対策を更に一歩進めて、積極的な健康づくりを進める健康管理システムで、医師・ヘルスケアトレーナーなど所定の資格を有する6種類の専門指導者によって企業ぐるみの健康づくり運動を推進します。



所定の資格を有する専門指導員をかかえていない企業のために企業外の専門サービス機関を国が認定、登録し、それを活用して健康づくりを進める体制ができています。



支援活動は、次の3つからなっています。

健康測定
医学的なヘルスチェック(法定健診項目のほか成人病健診項目をプラスした項目)と運動機能検査(自転車エルゴメータによる全身持久力測定、柔軟性、敏捷性を測定)

健康評価
医学的検査結果に基づき疾病、健康の状態を評価し運動測定の結果に基づき運動能力の評価を行います。

健康相談
すべての被検者に各人の健康運動レベルに即した運動指導、保健指導を専門指導員が行い、健康づくりの動機づけをします



このほか、事業所の要請があれば、栄養指導、心理相談をそれぞれの専門指導者が担当します。

      



[TOP]

一般財団法人 全日本労働福祉協会
Copyright(C) 2013 ZRF nagoya.
All rights reserved.